独裁者の国連での演説

独裁者の国連での演説

『ディクテーター身元不明でニューヨーク』でも、独裁者のアラジーン将軍が核についての釈明をするために国連へと出かけますが、ガチの独裁者カダフィ大佐も国会っで演説をしています。その演説がまた非常識ぶりな演説で、ディクテーター独裁者そのままの演説を行ないました。このときには、かなり昔の反米を猛烈に主張していた頃ではないため、カダフィ大佐もかなり態度が軟化した状態でありながらも、特異な言動はそのままでありました。カダフィ大佐のほかにも、国連でとんでも発言した指導者(政治家)がいます。

2009年:国連総会に出席

カダフィ大佐が2009年9月23日に国連総会に初めて出席をしました。出席のために宿泊したのは、またしてもホテルではなくニューヨーク郊外の、ニュージャージー州に遊牧民族の伝統そのままにテントを張って、テントを宿にしました。もういい加減に、若くもないのに遊牧民族出身をアピールするためのテントなどやらなくてもいいのに。と思いますが、頑なに頑固なまでにテントを張るのがカダフィ流なのでしょう。当局にテントの撤去を指示されてしまい、最後は大富豪のドナルド・トランプ邸の裏庭にテントを設営することで落ち着きました。

演説もまた、非常識そのものな演説になりました。カダフィ大佐に許された演説時間は規定の時間15分ですが、カダフィ大佐の演説は1時間36分と、演説の長さでも非常識をいかんなく発揮しています。この演説の時には、ヒラリー・クリントン国務長官にオバマ大統領は最初から退席していました。イラン大統領のマフムード・アフマディーネジャードも演説の途中で退席。 

カダフィ大佐の、機関銃のように矢継ぎ早に繰り出す言葉が長時間に渡ったため、国連のアラビア語の同時通訳者が疲労困憊していまったため、途中で交代してしまう場面もでたほど、とんでも演説でした。

カダフィ大佐の国連演説

国連での一般演説の席上で、国連安全保障理事会を「テロ理事会」と批判しました。そして国連安保理常任理事国にだけ与えられている拒否権を、国連憲章の前文で謳われている加盟国の平等に反するものと批判しています。

おまけに、演壇から国連憲章を投げ捨ててみせるパフォーマンスまでもして、大国による体制を批判したほかに、「タリバーンが作りたかったのは宗教国家だったのだ。だったらバチカンのように作らせてやればいい。バチカンがわれわれムスリムにとって、危険な存在だろうか」と発言しています。さらに、「オバマがずっと執権していればいい。オバマはアフリカの息子であり私の息子でもある」、「ケネディ元大統領が暗殺されたのは、イスラエルに査察団を送り込んだためだ。さらに調査した方がいい」「豚インフルエンザ(2009年流行した新型インフルエンザ)は、ワクチンを売るために人工的につくられたものだ。ワクチンは無料で提供しなければならない」「リビアが国連総会の議長を務める。これはリビアの権利だ」などといった発言をしています。

他のとんども発言

1960年キューバのフィデル・カストロ議長・・・「ケネディが億万長者でもなく、字が読めなくて無知でもなかったら、農民相手の反乱は不可能だと分かっただろう」とカストロ議長の演説は、なんとカダフィ大佐の演説を大きく上回る4時間半!!!おまけにこのときには、ホテルの部屋に生きているニワトリまでも持ち込むということまでもやっています。

1957年インドのクリシュナ・メノン国連大使・・・カシミール地方に関する議論中に「安全保障理事会はこれを論争だと見なしている。領土争いではないのだ。問題はただひとつであり、それは侵攻という問題だ」として、延々と演説を続けます。おまけに演説の途中に疲労のため倒れてしまったため、病院へ運ばれますが病院から戻ってもまーた演説を続けて合計話した時間は安保理史上最長の合計8時間です。

1960年ソ連のフルシチョフ・・・「議長!アメリカの帝国主義を黙らせてっください。」と靴を脱いで、机にたたきつけました。フルシチョフのこの靴で机を叩くというジェスチャーは、それから後に会議が紛糾したことを表す古典的なジェスチャーにまでなりました。

1987年ニカラグアのオルテガ大統領・・・「軍事侵攻などのオプションを並べるせっかちな連中に相談する前に、覚えておくことだ!レーガン大統領。ランボーは映画の中にしかいない」オルテガ大統領のこのスピーチに、怒ったアメリカ代表団は途中で退席してしまいました。ランボーを引き合いにだして、アメリカの対中米政策を非難しています。

2006年ベネズエラのウゴ・チャベス大統領・・・「昨日ここに悪魔がやってきた。今でも火薬のニオイが残っている」とジョージ・W・ブッシュ大統領を悪魔呼ばわりした演説はとても有名です。それからバラク・オバマ大統領になった時には「悪魔のニオイはもうしない」と演説しています。アメリカ大統領を悪魔呼ばわりした茶べスは、国連総会のスポットライトが大好きです。

ブラックユーモア炸裂!